肝臓と肺に転移しやすいといわれる大腸がん。大腸がんの転移について詳しく解説。さらに5年生存率についてまとめてみました。

3分でわかる大腸がんの症状 > 大腸がんの転移・生存率

大腸がんの転移・生存率

大腸がん,5年,10年生存率

大腸がんの10年生存率

大腸がんの生存率 大腸がんは大きく結腸がんと盲腸がんの群、および直腸がんとに分けられ、その構造の違いから転移や再発の起こしやすさが異なります。 また、大腸がんの進行度(ステージ・病期)は、初期の0期~…

大腸がんの転移・生存率

大腸がんの5年生存率

大腸がんに限りませんが、がん全般の治療成績を表すものの一つとして5年生存率という言葉がよく使用されます。 5年生存率とは、がんの治療を始めてから(手術後)、再発があってもなくても5年後に生存している割…

大腸がんの転移・生存率

大腸がんの転移

大腸がんは他の臓器に転移がみられても、患者さんが手術に耐えられるだけの体力があり、術後の生活に支障がでないだけの臓器が残せると判断されれば手術が積極的にに行なわれます。 大腸がんの場合、転移したがんを…

大腸がんの転移・生存率

大腸がんの末期

大腸がんは、早期治療で100%に近い確率で治癒する可能性が高いといえます。また、がんを切除する事ができれば、たとえステージIIIやIVの進行したがんでも治る可能性は高くなります。 しかし、転移がみられ…

大腸がんの転移・生存率