3分でわかる大腸がんの症状 > 大腸がんの治療・手術 > 大腸がんの括約筋間直腸切除術

大腸がんの括約筋間直腸切除術

括約筋間直腸切除術とは

大腸は大きく結腸と直腸に分けられますが、その構造にはかなり違いがあります。

直腸は肛門に近く、周囲を肛門括約筋が取り囲んでいる部位です。

このため直腸がんの手術では、がんの位置が肛門に近い場合やがんの進行が深いほど、肛門括約筋や肛門管、及び肛門を同時に切除しなければ根治が難しいとされていました。

大腸がん,括約筋間直腸切除術このような手術方法では、肛門機能が残されず人工肛門を造設しなければならない例が多くありました。

肛門やその周囲の筋肉や神経を切除することで他にも機能障害が残ることもあります。

従来、スタンダードとされていた上記のような手術方法では、避けられなかった機能障害をできるだけ減らすために手術方法の研究が進み、行われるようになったのが括約筋間直腸切除術です。

直腸や肛門管の周りには肛門括約筋がありますが肛門括約筋は内側から(粘膜側から)見て、内肛門括約筋と外肛門括約筋の2層の筋肉があります。

従来の手術方法では2層の筋肉全てを切除していましたが、括約筋間直腸切除術では、がんの深さがそれほど深くない場合に筋肉を内側から部分的に切除してある程度の肛門括約筋を温存する方法です。

括約筋間直腸切除術は、技術が進歩したことで比較的に最近行われるようになった手術になります。
 
スポンサードリンク

括約筋間直腸切除術の種類

括約筋間直腸切除術は、肛門括約筋を切除する範囲によって主に2種類の方法があります。
 

内肛門括約筋切除術(内括約筋切除術、ISR)

がんの深さが直腸や肛門管の粘膜から、軽度に内肛門括約筋に達している場合に選択される手術です。

この手術では内肛門括約筋までを切除し、外肛門括約筋は温存されます。そのため、肛門機能もかなり温存されやすいです。
 

外肛門括約筋切除術(外括約筋切除術、ESR)

がんが内肛門括約筋まで、やや深く進んでいる場合に選択される手術方法です。がん組織に近い部位については、外括約筋の一部までを切除する手術です。
 

括約筋間直腸切除術のメリット・デメリット

括約筋間直腸切除術の最大のメリットは、肛門と肛門括約筋の温存によって肛門機能の温存が期待できることです。

対してデメリットもいくつかあります。

この手術の成否は、まだまだ術者の技術によるところがあると言えることです。

比較的に新しい手術方法となり、筋肉の間を切除するという繊細な手術のため、高度な技術や経験が要求されるからです。

また、手術方法として新しいため、様々な検証が不十分だということです。

再発のリスクや肛門機能の温存について、どれほど効果があるのかはまだ完全には明らかになっていません。

この手術方法を選択肢に入れる場合には、これらのようなリスクについても十分に医師と相談するのが望ましいでしょう。
 

スポンサードリンク