大腸がんの内視鏡的治療

内視鏡的治療の適応

大腸がんの内視鏡的治療とは、カメラに映し出された画像を確認しながらのがん組織の切除、つまり内視鏡手術になります。

大腸がん,内視鏡的治療大腸内視鏡検査で使用するファイバースコープの先端に小さな手術器具を装着して行うものです。(外科手術で腹部を切開して挿入する内視鏡は腹腔鏡と呼んで区別されます。)

内視鏡手術には腫瘍の形や切除の方法・切除する範囲によって、ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)とEMR(内視鏡的粘膜切除術)とESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という種類があります。

適応は2cm程度の大きさのがんまでとされていますが、ESDではやや大きめのがんを切除することが可能です。

大腸がんの内視鏡での手術が適応となるのは、がんの進達が大腸の粘膜内、あるいは粘膜下層まで達していても進行が軽度なもの、かつリンパ節転移がないと考えられるものです。

このため、内視鏡手術の適応は、リンパ節転移がない早期がんと条件が限られてしまいます。
 
スポンサードリンク

内視鏡手術のメリット

大腸がんの内視鏡手術では、全身麻酔をかけたり傷の痛みがある外科手術とは違って、体の負担が軽いのが特徴でありメリットだと言えます。

また、手術後の回復が早く、その日のうちに問題なく歩くこともできます。

内視鏡手術で切除した組織は病理検査(生検)に回されます。その結果、切除範囲より広いがんの進達が考えられる場合は追加で外科手術が必要となることもあります。
 

内視鏡的治療の合併症

内視鏡手術においての主な合併症は穿孔出血です。

穿孔とは大腸粘膜を深く切除し過ぎて穴が開いてしまうことです。

穿孔を起こすと手術中にわかることもありますが、数日後に腹痛・吐き気・発熱などが起こり、腹膜炎に至って判明する場合もあります。

また、血管近くの粘膜を切除した場合や止血が不十分な場合など、術後出血が起こることがあります。

出血は主には下血・血便で判明し、腹痛・気分不良・貧血症状などが起こることがあります。症状が無く、手術翌日の採血結果で判明することもときにあります。

いずれの合併症も内視鏡で処置できることもあれば、緊急に外科手術が必要になる場合もあります。
 

スポンサードリンク