3分でわかる大腸がんの症状 > 大腸がんの治療・手術 > 大腸がんのロボット支援手術(ダ・ヴィンチ)

大腸がんのロボット支援手術(ダ・ヴィンチ)

ロボット支援手術とは

ロボット支援手術とは、ダ・ヴィンチという医療専用のロボットを使った手術になります。

ロボットの支援と言っても手術の操作をするのは人間の外科医です。

手術する部位付近に数か所を小さく切開し、カメラや小さな手術器具を挿入し、拡大された3Dの高画質の画面を見ながら、ロボットアームを操作して行われます。

最近では画像の解析度も上がり、細かい作業をロボットアームで安定して行うことができるため、より精密な操作を求められる手術への最新の技術として導入する病院が少しずつ増えています。
 
スポンサードリンク

大腸がんとロボット支援手術

大腸がん手術ではかつて開腹手術がメインだったのが、最近では腹腔鏡手術が多く実施されるようになってきました。

開腹手術よりも傷が少なく済むため、手術による全身への負担が軽減されることで知られている手術です。

大腸がん,ロボット支援手術,ダ・ヴィンチこの腹腔鏡手術に取って代わる最新の技術がロボット支援手術ということになります。

とくに直腸がんの手術では、狭い骨盤内で行わなければならず、周囲に尿管・膀胱・卵巣・子宮さらにはそれらの臓器や肛門の働きを司る神経や筋肉が多数位置しています。

そのため、手術操作が細かいものとなり、神経や筋肉をできるだけ温存して機能障害を減らすためには、術者の巧みな技術を必要とする手術になります。

しかし、操作が難しい直腸がんの半数以上が腹腔鏡手術で行なわれるようになってきています。

そこで拡大した画面を見ながら、より細かい作業を安定して行える手術支援ロボットは、直腸がんの手術にとってはありがたい存在とも言えるわけです。

このようなことからロボット支援手術は、主に直腸がんの手術で導入され始めていることが言えます。
 

ロボット支援手術のメリット

 

細かい作業が安定して行える

ダ・ヴィンチによる手術では、高画質で拡大された立体的な画像と、手ぶれの補正も可能な安定して巧緻動作が最大のメリットです。

直腸がんでは周囲の臓器や神経・筋肉に留意した細かな作業が求められるため、ダ・ヴィンチの特徴を活かした手術が可能だとされています。

これによって肛門機能の温存や他の臓器への影響の軽減も期待されています。
 

手術の傷が小さく、回復が早い

開腹手術に比べて傷の大きさが小さく済むのが大きなメリットです。全身への負担が少なく済むため、回復が早く、痛みも少なくて済みます。
 

腸閉塞のリスクが低い

傷の痛みが少なく、手術後の歩行や体力の回復が早いことから腸蠕動の回復も早いと考えられています。このため大腸手術において主要な合併症である腸閉塞のリスクも減ると考えられています。
 

ロボット支援手術のデメリット

 

術者の技術に頼るところがある

ロボット支援手術ではロボットアームを操作しての間接的な操作になるため、手で行う手術とは全く異なる独特の感覚の中で手術をしなければなりません。このため、術者にも熟練度が必要とされます。
 

歴史の短い手術

ロボット支援手術の歴史はまだ20年程度です。導入している医療機関も多いとは言えませんし、確実に行える熟練した術者も多いとは言えません。

また、手術の安全性(再発のリスクや、実際の術後の機能障害の程度)なども、短期での評価しか得られておらず、十分な検証には至っていません。
 

費用の問題

現在、大腸がんにおいてのロボット支援手術は保険適用外になります。このため、ダ・ヴィンチを導入している医療機関であっても、腹腔鏡手術が難しいような一部の直腸がんでしかあまり行われていないのが現状です。
 

スポンサードリンク