大腸がんの重粒子線治療

重粒子線治療とは

放射線療法とは患部に医療放射線を当て、がん細胞を壊す治療方法です。

放射線の中でもヘリウムイオン線よりも重い電子線のことを重粒子線と呼び、これを利用した治療方法が重粒子線治療です。使われているのは主に炭素イオンです。

日本では、世界に先駆けて重粒子線治療の実用化に成功しています。
 
スポンサーリンク

重粒子線治療と従来の放射線治療の違い

体の外から照射するレントゲン検査などでお馴染みのX線という放射線があります。

X線は体外から当てると体内の深い位置になるほど威力が弱ってしまいます。

そのため、体内の深い位置にあるがんを治療するには、病巣以外の手前の臓器等にも放射線が影響してしまうことになります。

対して重粒子線は照射によるエネルギーのピークを体内の狙った場所に狙った形で設定できます。

このため、体の深い位置にあるがん組織にも効果的に照射が可能で、病巣より手前の臓器等への影響を減らすことができるとされています。

つまり、副作用を軽減できることが期待できるのです。

重粒子線治療は、比較的新しい治療方法ですが「切らないがん治療」として知られるようになってきました。
 

大腸がんにおいての重粒子線治療

重粒子線は決まった個所に集中して照射するのに適しているため、限局した部位の進行していないがんの治療に適しているとされています。

大腸がん,重粒子線治療「限局した進行していないがん」という条件で見ると大腸がんでは、内視鏡手術や外科手術という根治性の高い治療法が既にあります。

また、重粒子線を局所に集中して照射するためには、大腸は位置が動きやすく、薄い管状の臓器なのであまり適しているとはいえません。

重粒子線治療は新しい治療方法で、一部のがんでは高度先進医療の対象となっていますが、上記のような理由もあって大腸がんでは対象とされていません。

現在は、大腸がんの中でも直腸がんの術後再発例に対して臨床試験が行われている状態です。

重粒子線治療を受けるには以下のような適応条件が決められています。
 
  • ・悪性の腫瘍(がん)だと診断されていて、患者自身がその告知を受けて病識があること
  • ・広範な全身転移がないこと
  • ・過去に放射線治療を受けたことがない(今回の治療部位と前回の治療部位が異なる)こと
 
現在、日本国内で重粒子線治療が行われているのは、放射線医学総合研究所病院、群馬大学重粒子線医学センター、兵庫県立粒子線医療センター、九州国際重粒子線がん治療センター、神奈川県立がんセンターとなります。※2017年8月
 

スポンサーリンク