便潜血検査

大腸がんの便潜血検査の役割

便潜血検査とは、便の中に含まれている目に見えない血液(ヘモグロビン)の有無を調べる検査です。

大腸がんの初期段階では症状が乏しいがんとされ、腹痛など自覚症状がある時には既に進行していることも少なくありません。

そして、大腸がんの初期症状に多いのが下血です。

下血というと明らかな出血が見られたり、便に血液が付着したり、赤い便が出たり、ということを想像するかたが多いようですが、実際には目に見えないほどの少ない量で出血していることが多くなります。

そこで目に見えない血液を調べることができる便潜血検査の出番というわけです。
 
スポンサードリンク

便潜血検査は大腸がん検診の一次検査としてよく行われています。

採取した便を提出するだけなので体への負担が少なく、費用も安価で済みます。このため、自治体で行われている大人数に対してのがん検診の一次検診としては有用だとされています。

ただ、便潜血検査では、便の中に血液が含まれているかどうか、ということを調べる検査ですので、「含まれている血液がどごで出血しているか」までを知ることはできません。

便に血液が含まれる可能性がある大腸がん以外の病気としては、他の消化管のがん・消化管潰瘍・消化管の炎症(胃炎・腸炎など)・ポリープ・痔・血液疾患・赤痢・寄生虫など実に様々です。

また、多量の肉食でも便中に微量の血液が検出されることもあります。

このため、便潜血検査の中でも化学的便潜血検査と免疫学的便潜血検査とを使い分けたり、他の精密検査を行ったりすることで出血している部分を特定することができます。
 

便潜血検査の方法

通常、大腸がんのスクリーニング目的で行われる便潜血検査は2日間の連続検査で行われます。

検査キットは1キットにつき1回の便を入れます。

便潜血検査便が出た時間帯などは問いませんが、2日間の検査(2キット渡された)の場合は、1日に2回以上便が出ても必ず日を分けて採取するようにしましょう。

便を採取する時は、便器の中にトイレットペーパーを敷いて便が流れないようにします。

便潜血検査キットの多くは溝のついた棒のようなものがありますので、それで便を擦り取ります。

便のどこか一部を取るのでなく、全体を擦って付けるようにして採取します。

2日間の便潜血検査のうち、どちらかでも血液反応があれば陽性となります。

陽性の場合は、大腸内視鏡検査や直腸指診・注腸造影検査などの二次検査が行われるのが一般的です。

大腸がん検診では便潜血検査で陽性の場合、便潜血検査を再検査することはあまりエビデンスがなく、大腸がんの早期発見には上記のような二次検査にただちに移ることが望ましいとされています。
 

スポンサードリンク