3分でわかる大腸がんの症状 > 大腸がんの検査 > 大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡を挿入して、肛門・直腸・結腸・回盲部(回腸と盲腸のつなぎ目の部分、小腸と大腸の間の部分)までの大腸の粘膜を直接見ることで大腸の異常を確認する検査です。

大腸内視鏡検査単にカメラで観察するだけでなく、内視鏡の先端に様々な器具を装着することによって病理検査(大腸粘膜の組織や細胞を採取して顕微鏡で見る検査)や粘膜切除手術を行うこともできます。

大腸がんの検診では、通常は一次検診(症状がない人に検査をしてがんの可能性を調べるための最初の検査)では大腸内視鏡検査は含まれてはいません。

一次検診で負担が少なく簡単にできる便潜血検査を行い、陽性だった場合に二次検査(精密検査)として大腸内視鏡検査が行われることがほとんどです。

大腸内視鏡検査は、すでに下血など何らかの症状があり、早期の診断が求められる場合には緊急で行われることもあります。

これまでに大腸ポリープの既往歴があったり、大腸がんのリスクが高い場合は定期的に行われることもあります。その場合、頻度としては1年~2年に1回程度行われることが多いです。

大腸内視鏡検査では、大腸がんの他に大腸ポリープや潰瘍性大腸炎など様々な大腸疾患を知ることができます。
 
スポンサードリンク

大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査で検査をスムーズに済ませて精度を上げるには、便を出して検査前に腸を洗浄し、粘膜がよく見える状態にしておくことが大事です。

そのため、検査前日から当日にかけては下剤等で大腸をきれいにします。(どうしても下剤を使えない場合は、高圧浣腸などで行われることもあります)。

以下に一般的な大腸内視鏡検査の流れを挙げていきますが、下剤を使えるかどうか・水分を摂取できるかどうか・全身状態など医療機関によって異なることがあります。

また、下剤の内容や食事制限の内容も検査施設によって異なるため、必ず検査施設の指示通りにしましょう。
 

検査前日

検査前日の食事は繊維質を減らした食事をして、夕食後は基本的に絶食となります。腸検査食を購入することもできます。

水分は大丈夫です。

下剤内服後、下痢になるのでむしろ水分は摂っておいた方が良いでしょう。

但し、ジュース類など繊維質があるものや刺激物・アルコール等は避け、お茶・お水・スポーツドリンク等の程度にしましょう。

夕食後、あるいは就寝前に下剤を内服します。
 

検査当日

朝から腸の動きを調節する薬と下剤を内服します。

多くの施設で使われているのは、2リットルほどの水で溶かす洗腸用の下剤を2時間ほどかけて飲む方法です。

気分不良・腹痛・吐き気・嘔吐・頭痛・冷や汗・寒気・動悸・脱水症状などの症状が出ることがあります。

症状が出たら下剤を飲むのを一旦中止して、医療機関に相談しましょう。

脱水の危険がある高齢者や同時に内視鏡手術を行う場合などは、点滴をしながら下剤を飲んで準備することもあります。

洗腸するにしたがって便には固形物が見られなくなり、レモン汁のように透明な液体になります。こうなれば前処置は完了です。
 

いよいよ検査へ

検査中は鎮静剤や鎮痛剤を使って検査を行っている施設が多くあります。

カメラを通す時に痛いのではないかと心配されるかもしれませんが、苦痛なく検査を受けることもできます。

検査時間はおおむね30分程度です。腸の長さや状態によっては、より早く済んだり時間がかかることもあります。

検査後は、カメラで観察しただけか・病理検査のため組織を採取したか・粘膜を切除する内視鏡検査をしたかといった検査内容によって、食事の再開時期が異なりますので医師や看護師に確認しましょう。

また、内視鏡手術をした場合には、通常は1泊以上の入院をすることが多くなります。

大腸内視鏡検査のみの場合は、費用は数千円程度(保険適用の場合)です。
 

スポンサードリンク