仮想内視鏡検査

仮想内視鏡検査とは

通常の大腸内視鏡検査は肛門から内視鏡(ファイバースコープ)を挿入して、カメラを通して大腸の粘膜を直接見ながら粘膜の異常を調べる検査になります。

これに対して仮想内視鏡検査とは、バーチャル内視鏡検査、あるいは3D-CT検査とも呼ばれます。

仮想内視鏡検査では、3D-CT検査とも呼ばれるように最新のCT装置によって、体の表面から撮影して得た情報から大腸の内部をコンピュータで3D化して、まるで内視鏡検査を受けたかのような画像を得ることができる検査です。
 
スポンサードリンク

仮想内視鏡検査のメリット

大腸内視鏡検査では、前処置として多くの下剤を服用するなど前処置による体の負担があります。

仮想内視鏡検査では、それほど多量の下剤を必要としないケースが多くなります。

また、カメラを体に入れることはないため、痛みなどの苦痛も少なく、内視鏡検査と比べると検査時間は短く10分程度になります。
 

仮想内視鏡検査のデメリット

内視鏡検査のように直接に粘膜を見るわけではなく、がんやポリープを見つける精度に関しては内視鏡検査と比べて若干低いとされています。

仮想内視鏡検査仮想内視鏡検査では、中等度以上の大きさのものでは一定の評価はされているようです。

また、多量の下剤をかける必要がないとはいえ、腸の中に便が残っていると精度が落ちる可能性があるため、医療機関によっては下剤を使用している場合があります。

この仮想内視鏡検査は、あくまで画像のみの検査になるので、病理検査(生検)をすることはできません。このため、仮想内視鏡検査だけでは大腸がんの確定診断は難しいことがあります。

また、CT検査となりますので微量の放射線被ばくを伴います。

最新の医療装置を使用するため、行われている医療機関は限られることになります。
 

仮想内視鏡検査の流れ

仮想内視鏡検査の精度を上げるには、検査前に便をしっかり排出して粘膜がよく見える状態にすることが大事です。
 

検査前日

検査前日の食事は腸検査食(繊維質を減らした食事)となります。夕食後は検査終了まで絶食です。

お茶・水・スポーツドリンクなど、繊維質や刺激物などを含まない水分は飲んでも構いません。

夕食後、あるいは就寝前に下剤を内服します。

医療機関によっては検査の精度を上げるために、内視鏡検査ほどではなくとも多くの下剤を処方されることもあるようです。
 

検査当日

検査直前に腸の動きを抑えるための筋肉注射をし、お尻から管を入れて空気で腸を膨らませてから撮影が始まります。

撮影自体は数分で済み、検査後は歩いて帰れます。食事制限などもありません。
 

スポンサードリンク