PET・PET-CT検査

PET検査・PET-CT検査とは

PET検査もPET-CT検査も、画像検査の一種となります。

PETとは、英語でPositron Emission Tomographyの略で、陽子放射断層撮影という意味です。

PET・PET-CT検査PET検査では、陽子を含んだブドウ糖液を内服して撮影します。

ブドウ糖の取り込み量が多い細胞に陽子が集まるため、その部分が画像で黒く映し出されるという仕組みで撮影されます。

がん細胞は成長スピードが健康な細胞よりも早く、多量のブドウ糖を消費する細胞です。

このがん細胞のこの性質を利用して、がん細胞の部分に印をつけて撮影するようなものです。

PET-CT検査は、PET検査にCT検査(コンピュータ断層撮影)を組み合わせたものです。

CT検査と言えば体を輪切りにして見たような画像を連続して得られる検査です。

PET検査ではブドウ糖の取り込みを撮影するため、時間的なずれが生じることによって画像にずれやぼけが生じることがあります。

PET-CT検査であれば、このずれを防いで画像の精度を上げ、よりがん組織の位置や大きさを特定しやすくなります。
 
スポンサーリンク

大腸がんのPET検査・PET-CT検査の意義

大腸がん検診では、基本的には検便(便潜血検査)が行われ、そこで異常があれば大腸内視鏡検査を受けて大腸粘膜の異常の有無を調べたり、生検に出した組織からがんの確定診断に進みます。

ここまでは大腸粘膜についてのがんの有無を診断するための流れです。

治療を始めるには、転移の有無やがんの進行度(ステージ・病期)を診断しなければ治療方針の立てようがありません。

そのようなことから大腸がんのステージ診断を行うため、あるいは治療後の治療効果の判定といった状況で、PET検査やPET-CT検査が行われる場合があります。

がんの転移は全身のいろいろな部位に起こる可能性があるため、PET検査のように全身を一度に撮れる画像検査は有用な検査だと言えます。
 

PET検査・PET-CT検査の注意事項

メリットも多いPET検査ですが、やはり限界や弱点はあります。

一つは、がん細胞のブドウ糖の取り込みの性質を利用しる検査ですが、取り込み量が少ない初期のがんや悪性度が低いがんなどの場合は写らない場合があり得るということです。

二つ目には、がん細胞の性質を利用した検査だとは言え、PET画像に写っているのは「ブドウ糖が多く含まれている場所」であって、必ずしもその画像だけは大腸がんだと確定診断はできないということです。

また、放射線を使って撮影するため、微量の放射線被曝があるため、基本的に妊婦は受けることができません。

費用は保険適用3割で3万円~4万円程度といったところです。

PET検査は必ずしもどこの病院でやっているものでもなく、診察を受けている医療機関以外の施設に検査を受けにいかなければならないこともあります。
 

PET検査・PET-CT検査の撮影の流れ

検査前日には特に準備はありません。

検査当日は検査前5時間くらいは、空腹になるように午前中の検査なら朝食・午後の検査なら昼食を抜いて検査を受けられることになるでしょう。

金属やボタンなどは写真に写り込むため外しておきます(検査着に着替えるところも多いです)。

検査前にブドウ糖の注射をします。場合によっては内服する場合もあります。

ブドウ糖液が全身に行きわたるように、静かに横になって1時間程度待ち、その後は撮影となります。

検査終了後、食事や飲水の制限はとくにありません。
 

スポンサーリンク