3分でわかる大腸がんの症状 > 大腸がんの基本情報 > 大腸がんと人工肛門(ストーマ)

大腸がんと人工肛門(ストーマ)

人工肛門はストーマ(ストマ)とも呼ばれます。

直腸がんが肛門近くや肛門にできたがんの場合、手術で肛門を切除しなければならない場合があります。

また、肛門から離れた結腸がんであっても、腸閉塞を起こしている場合などには便の通り道を作るために人工肛門が必要となる場合があります。

「人工」の肛門と言いますが、特別な器具などを付けるわけではなく、切除した腸管の末端の出口を腹部の皮膚に作ることで便を排出させるものです。

しかし、人工肛門は本来の肛門や直腸のように便を溜めて排出したり、タイミングよく排出したりできるわけではありません。
 

スポンサードリンク

このため、人工肛門のところに袋状の装具を付けることで便を受け止めるのです。

尚、人工肛門を永久的に作る場合(直腸がんや肛門のがんの場合に多い)と、一時的に作る場合(腸閉塞などの症状が改善するのを待って後で人工肛門を閉じる手術をする)とがあります。

また、「ストーマ」という言葉は、腹部に作った排泄口全般を指す言葉です。

このため、ストーマには便を排出する消化管ストーマ(つまり人工肛門)と、尿を排泄する尿路ストーマ(いわゆる人工膀胱)とがあります。

直腸がんの場合には、膀胱や尿路とも臓器の位置が近いため、時には人工肛門だけでなく、尿路ストーマが必要となることがあります。
 

ストーマ外来と患者会

人工肛門には抵抗感を持つ方も少なくありません。また、日常生活が突然変わってしまうことに戸惑いを持つ方もおられるでしょう。

人工肛門,ストーマこのため、人工肛門の手術を行っている病院施設には、基本的に人工肛門の専門の看護師がおり、専門のストーマ外来を開設していることが多いです。

手術前からストーマについて説明を受けたり、ストーマを作る位置について医師や看護師と相談したりすることもできます。

また、手術後はストーマの状態を定期的に診察してもらったり、ストーマ特有の問題や悩みについて相談することができます。

ストーマ造設の手術件数が多い病院では患者会を作っているところもあります。
 

スポンサードリンク