3分でわかる大腸がんの症状

大腸がんの原因

大腸がんの原因は色々考えられていますが、大きく影響しているのが食生活の欧米化だと言われています。

日本人の食生活は長い間、穀物と野菜中心の食事でしたが、近年の欧米化によって肉や油などのたんぱく質や脂肪分を多く含む食事が増えました。

高カロリーの食事を続けていると体内から脂肪を消化する為の胆汁がたくさん分泌され、その胆汁に含まれる胆汁酸が発がんに関係していると考えられいます。
 

スポンサードリンク

大腸がんの原因それに加えて食物繊維の不足から、便秘が原因で便に含まれる発がん物質が長時間滞留することで、がんが発生しやすくなるという説もあります。

また、大腸内には500種類以上の腸内細菌が存在しますが、食生活の変化によって腸内細菌のバランスが崩れることが、がんを発生してしまう原因の一つだという意見もあります。
 

便秘やストレスが大腸がんの原因という説

食生活によって便秘になる人も多いかと思いますが、この便秘も大腸がんの原因の一つという説があります。

便が長い間、大腸に溜まると腸壁と便の接触時間の長さが関係しているというのです。多くの女性は便秘に悩まされますが、女性の大腸がん発生率は、全てのがんの中でも第一位となっていることから関係性が考えられています。

また、ストレスも大きな原因の一つだと考えられます。

大腸がんに限らずストレスはがん全般、また他の病気の原因となることはよく言われていますが、とくに大腸がんとストレスの関係は密接でストレスによって免疫力が下がることが最近わかってきています。

ストレス=緊張をすると便秘をしたり、下痢をしたりすることがありますが、このようにストレスが大腸にダイレクトに働きかけることは一目瞭然でストレスの影響を直接受ける器官だといえます。
 

色々ある大腸がんの原因説

大腸がんは遺伝的な要因があるという説もありますが、患者全体でも10%以下となっています。

大腸がん,原因,喫煙喫煙飲酒に関しては大腸がんのみならず、全ての病気の原因となっているのは広く知られていることです。

また、男性だけですが肥満と関係があるのではないかと言われています。

データでは肥満の人の約1%に大腸がんが確認されましたが、なぜ肥満が大腸がんに繋がるのかは分かっていませんが、抗インスリン血症になりやすいことが関係しているのではという理由です。

また、最近ではウォシュレットが大腸がんの原因という話があります。理由は、実際のデータとしてウォシュレットの普及率と大腸がんの発生率が比例しているというのです。

ウォシュレット時の水道水に含まれる塩素が腸内に入り込んで、有機物と反応を起こして発がん物質をつくることで大腸がんに発展するのでは?というのですが信憑性は低いと思われます。
 

スポンサードリンク