大腸がんとポリープの関係

大腸がんの発生について

大腸がんは大腸の粘膜から発生するがんのことを指します。

大腸がんの9割以上を占めているのは腺癌と呼ばれる種類です。

腺癌とは、皮膚や粘膜といった上皮組織から発生する悪性腫瘍で、大腸の粘膜にもある腺組織に由来するものです。

また、大腸がんは、大腸ポリープががん化して起こる場合と、大腸の粘膜から直接に発生する場合に分けられます。粘膜から直接発生する大腸がん一般的に平坦な形をしています。
 
スポンサードリンク

大腸ポリープとは

広い意味ではポリープとは、粘膜にできた盛り上がった形の病変を指す言葉で良性か悪性かは問いません。

100個以上できるものはポリポーシスと呼ばれます。

大腸がん,ポリープこのポリープが実際に良性の病変か悪性の病変なのかは、その細胞や組織をとって顕微鏡で調べる病理検査(生検)が必要になります。

実際に、病気として問題になるのは、ポリープの中でも過剰に増殖し続けて健康に影響を及ぼす悪性腫瘍、つまりはがんということになります。

大腸にできるポリープの多くは、大腸の粘膜に(つまり上皮性に)発生する良性の腺腫で、「大腸ポリープ」という言葉も良性を指して言います。特にS状結腸直腸に発生しやすいとされています。

大腸ポリープで多いのは、茎があるキノコのような形をした有茎性ポリープです。

粘膜が盛り上がった形をしているが茎が不鮮明なものが亜有茎性、盛り上がっているだけで茎がわからないものを無茎性と呼ばれます。

無茎性で回りの組織との境界がはっきりしないものや潰瘍を作ったりするようなものには、悪性のものが多いとされています。
 

良性大腸ポリープの治療

ポリープには放置しても大丈夫なものも含まれていますが、大腸がんの多くはこの良性のポリープががん化して起こることがわかっています。

大腸ポリープは大きくなるほどがん化する可能性が高くなると考えられています。このため、日本では5mm大を目安に切除するべきと考えられています。

大腸ポリープの多くは内視鏡手術で切除でき、通常は1泊程度の入院で受けられます。

尚、無茎性ポリープの場合やポリープの大きさが大きすぎる場合、あるいは一部ががん化し始めているような場合には、内視鏡手術で切除が難しいためが外科手術となることもあります。

一度に100個以上発生するポリポーシスに関しては、がん化する可能性が高いと考えられていて、遺伝性の病気のことが多いです。こちらはポリープの大きさに関わらず外科手術の対象とされています。
 

大腸がんが薬剤で予防できる?

大腸がんには良性のポリープが悪性化して起こる場合があります。

近年、欧米ではアスピリンに大腸ポリープを抑制する効果があり、引いては大腸がんの抑制に有効だという研究が発表されています。

この結果を受けて日本でも国立がん研究センターなどで研究が行われ、アスピリンには大腸ポリープの再発を抑制する効果があると発表されました。

この研究結果では、喫煙者には効果が見られず、アスピリンがポリープの抑制にどう働くのかその機序もまだ明らかにはされていません。

この研究は規模が小さかったため、引き続き現在(2015年11月発表)はより大規模な研究が行われています。
 

スポンサードリンク