手術後

大腸がんの手術後

大腸がんの手術後は、各患者さんの手術内容や術後の状態にもよりますが、大体2日~5日ほどで食事がとれるようになります。 手術後の合併症に注意しながら、無理をせず食事をする事を心掛けなければなりません。…

大腸がんの予防・手術後

大腸がんの手術

大腸がんの治療は、手術による切除が治癒が望める唯一の方法とされているため、早期のがんでも手術が必要な場合があります。 大腸がんの手術では、がんのある腸管とリンパ節を切除し、がんが周囲の臓器に転移してい…

大腸がんの治療・手術
直腸がんの手術

直腸がんの手術後

手術後の生活と管理 手術の傷の大きさは術式によって異なります。 腹腔鏡下手術であれば数cm、経肛門的手術であれば10cm程度、開腹手術や直腸切断術であれば20cm程度に及ぶこともあります。 直腸がんの…

大腸がんの予防・手術後

大腸がんの転移

大腸がんは他の臓器に転移がみられても、患者さんが手術に耐えられるだけの体力があり、術後の生活に支障がでないだけの臓器が残せると判断されれば手術が積極的にに行なわれます。 大腸がんの場合、転移したがんを…

大腸がんの転移・生存率
大腸がん,再発

大腸がんの再発と再発率

大腸がんの再発・転移 手術でがん組織を切除しても、その周囲には肉眼では見えない細胞レベルで既にで飛んでいる場合があります。 そのため、手術では広い範囲でがんを含む組織を切除しますが、結果的に取り切れず…

大腸がんの予防・手術後

大腸がんの抗がん剤治療

大腸がんの治療は、まず手術が第一選択肢となりますがステージII以降になると手術後の補助、また手術不可能な進行がんや転移・再発が確認されると抗がん剤治療が行われる場合があります。   手術後の…

大腸がんの治療・手術