大腸がんの転移

大腸がんは他の臓器に転移がみられても、患者さんが手術に耐えられるだけの体力があり、術後の生活に支障がでないだけの臓器が残せると判断されれば手術が積極的にに行なわれます。

大腸がんの場合、転移したがんを抗がん剤のみで治療することが難しいものの、転移したがんを全て取り除くことができれば、約40%の人のがん治療は良好だといえます。
 

スポンサードリンク

しかし、がんが全て取り除くことができない場合や、患者が手術に耐えられないと判断された場合、抗がん剤治療放射線療法が行われます。

近年は、大腸がんに効果がある抗がん剤が開発されてきており、患者の余命を伸ばしてきています。

また、痛みや症状を和らげ、患者のQOL(生活の質)を下げないで日常生活が送れるようにするための緩和ケアも取り入れ、治療が行われます。
 

肝臓と肺に転移しやすい

大腸がんは、肝臓に転移しやすいがんです。

大腸がん,転移大腸がんと診断された人の約11%に肝転移がみられ、大腸がんの手術を受けた患者の約7%の人に肝臓での再発がみられます。

次に転移が起こりやすいのが肺となり、大腸がんと診断された人の約2%に肺転移がみられ、大腸がんの手術を受けた人の約5%に肺での再発がみられます。

がんがすべてとりきれないと判断された場合はどちらの場合も、抗がん剤治療や放射線療法がすすめられ、がんが小さくなってから切除手術を行う場合があります。

大腸がんでは、肝臓や肺、腹膜などの離れた臓器に転移が確認されるとステージIVと判断され、5年生存率は約19%と低くなってしまいますが、5年生存率というものはあくまでも平均的な値であって患者一人ひとりの余命を決定づけるものではありません。
 

スポンサードリンク